食品衛生責任者について

食品衛生責任者について

飲食店やレストランなどを経営する場合には料理を作る人間や、顧客の応対をする仕事をする人間を決める以外にも決めなければいけないことがあります。
それは食品衛生責任者を定めなければいけないことです。
どこかの地方自治体の中で食品を店舗で提供する場合には、その地方自治体から営業の許可を受けるためには、食品衛生責任者を定めることは絶対に必要になります。
なぜならば人に提供をする食事を作るものは、それほど厳格な衛生の観念が求められているからです。
そのためにしっかりとした衛生に関する知識を持っている食品衛生責任者が店舗にいることが必要になるのです。
この責に任じられたものはただその仕事を遂行すればよいというわけでもなく、細かな手続きが必要になります。
レストランや飲食店などの従業員の中で、誰がその責にあるのかをしっかりと届け出る必要があるのです。
届け出る先は市役所などではなくて、その地方自治体の保健所となっています。

Copyright(c) 食品衛生責任者 All Rights Reserved.