banner

食の安全を守る食品衛生責任者

banner 食品衛生責任者とは主に、飲食店や食品の製造所などで必ず選任が必要な人の事です。
例えばコンビニに於いては、店長などがこの資格を取得する必要があります。
食品の衛生、食を提供する、販売する際に誰が責任をもって販売や指導を行っているのかを明確にする役割があります。
また保健所に届け出る事が必要です。
資格の取得に関しては講習を受講するだけで取得できます。
ただし、場所によっては年齢が17歳以上等の制限がある所もあります。
受講する講習は1日がかりで全部で6時間になり、講習の最後に簡単な試験がありますが(無い所もあります)、特に難しいものではなく、受講で習った事に関しての復習といったもので、試験結果で落とされることはありません。
受講費用は東京都の場合は1万円です。
何か飲食の開業を予定されている方には必須、また食に関しての知識を深めたいという方にもおすすめの資格です。
他にも、食の安全が危惧される現代社会で、食に関する情報を得たい方は、一度受講をおすすめします。

豊田 デリヘル

デリヘル 求人

交際クラブ・デートクラブ・愛人クラブを徹底比較!

大阪 風俗

関連情報一覧

banner
調理や販売を行う営業者は営業施設ごとに食品衛生責任者を設置し店舗、施設等の公衆衛生を管理することが義

食品衛生責任者について

banner
飲食店やレストランなどを経営する場合には料理を作る人間や、顧客の応対をする仕事をする人間を決める以外

食品衛生責任者について

banner
食品衛生責任者はなりたければ誰でもすぐになれるというものではありません。
この責任者になるため

食品衛生責任者になるには

Copyright(c) 食品衛生責任者 All Rights Reserved.