食品衛生責任者について

食品衛生責任者になるには

食品衛生責任者はなりたければ誰でもすぐになれるというものではありません。
この責任者になるためには、一定の資格が必要になります。
資格を取得するために必要なことは、一定時間の講習を受けることです。
それら全ての講習を受けたものだけがこの責任者になることができます。
資格を得るための講習は原則的には誰でも参加することができます。
ですが場所によっては参加できる人間に一定の条件が設けられている場合もあるので、講習を受けたい場合には事前にその講習を行っている地方自治体に問い合わせが必要になります。
受講者に制限がある場合としてよくあるのが、参加できる人間が一定の年齢に達しているなどの条件などです。
東京都のある市では参加できる人間に17歳以上であることという条件があります。
また地方自治体によっては参加できる年齢に達していても、高校生である場合には講習に参加できない場合もあります。
ですから事前のしっかりした確認が必要なのです。

Copyright(c) 食品衛生責任者 All Rights Reserved.